「減災」社会を支える災害情報 ~情報の伝達者の立場から~

今後は防潮堤を上回る大津波が過去に来たことやひとたび防潮堤が壊れた場合の破壊力の大きさも説明しておく必要がある。まずもって情報はきちんと公開されなくてはならない。つまりは、メディアは日頃から伝えるべき情報をきちんと伝えておく必要があるということだ。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 登 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
港湾 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№12 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)