「減災」社会を支える災害情報 ~情報の伝達者の立場から~

施設を造ることが中心の「防災」と異なり、「減災」を目指す場合には、これだけをすれば良いという決定的な対策はなく、様々な対策を積み上げていくことになる。たとえば津波が来ない高台に住宅地を造成し、沿岸部に避難ビルを建築したりといった土地利用の仕方やハードの整備から考え直さなくてはいけない。同時に自治体や住民の防災意識を高め、地域の防災訓練の仕方なども見直す必要がある。その取り組みを支え、進めるのが災害情報だ。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 登 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 行政 
カテゴリ:
防災教育 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№12 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)