「減災」社会を支える災害情報 ~情報の伝達者の立場から~

その取り組みを進めるための大きな課題が情報のあり方だといっていい。地震が起きるまでに、つまりは事前にそのような災害情報が伝えられ、住民がどこまで理解できているかであり、いざ地震が起こって津波が発生した時に避難のきっかけとなる警報のあり方などの災害情報である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 登 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
災害情報 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№12 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)