東日本大震災で発生した津波火災における地形的影響の考察と津波火災危険度評価指標の提案

津波規模が大きくなると,一般的に発生ガレキ量は増大するが,同時に浸水範囲も変化することに伴いガレキ密度や平均浸水深も変化する。このことは,対象地区の地形や住宅の分布によっては,想定最大津波の場合よりも小さい津波が来襲した時の方が,津波火災危険度が増す状況があり得ることを示唆している。従って,津波避難ビルを計画する上では,最大規模の津波のみを検討対象とするだけでは不十分と言える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
今津 雄吾 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災訓練 
場所:
港湾 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.33 ,No.2 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL