東日本大震災で発生した津波火災における地形的影響の考察と津波火災危険度評価指標の提案

複合災害である津波火災を考えた場合,湛水やガレキ等の漂流物が障害となり十分な消火活動が行なえないことや,二次避難が困難となることなどの防災上の制約が発生するため,津波に対する力学的な安定性確保を主眼とした従来の避難ビルの整備方針3,4)では,安全性が十分に確保されているとは言えない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
今津 雄吾 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災訓練 
場所:
港湾 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.33 ,No.2 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL