東日本大震災における消防防災ヘリコプターの活用結果に基づく南海トラフ巨大地震におけるヘリコプターの有効活用方法の提案

表1,2,3の自衛隊の保有数については,救難機や輸送機だけでなく,攻撃用ヘリコプターも含んでおり,災害救援に限定すれば,母数はさらに少なくなる。その結果,比率は100%を超える。すなわち,計画数を確保できなくなることから,新たに必要数を計画する必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中地 弘幸 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
救命・救助 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.33 ,No.2 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL