教訓の解釈に求められる慎重さ

多様な専門家が,科学としての一定の思考ルールを共有しながら,困難で複雑な課題を過去から将来に及ぶ時間軸にそって読み解いて,多様な危機にも対応できる機能的拡張性を有した実行可能な災害対応体制の提言をしていくことが求められると思います。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山田 憲彦 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
災害医療 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.33 ,No.1 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL