災害報道からの個人属性別の状況の抽出 ~東日本大震災後の全国紙と地方紙のテキストマイニングから~

現状の災害情報提供は被災者一般を対象としたものが多く,自分にとって必要な情報を入手するにはそれらの情報を網羅したうえで自ら取捨選択する必要がある.このような状況を踏まえると,個人属性や被災からのタイムフェーズを考慮し,被災者個人が必要とする情報に容易に到達できるようにするための支援システムが求められると考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
藤森 崇浩 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№23 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL