復興都市計画による市街地再編と居住実態の変容に関する研究 阪神・淡路大震災における神戸市長田区の事例

老朽化や被災度,基盤整備状況等は復興事業適用の主要な判断基準であるが,それに加えて居住者の年齢構成や就業形態等の居住実態を考慮する必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
田中正人 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会論文集 
掲載巻ページ:
第2号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)