復興都市計画による市街地再編と居住実態の変容に関する研究 阪神・淡路大震災における神戸市長田区の事例

被災によって従前の住宅ストック構成が大きく歪んだ場合には,その復元に向けた公的なコントロールが必要なのではないか。復興事業はそうしたコントロール機能を担うべきであろう。ただし,復元すべき構成要素は,単純に住宅形式に還元されるものではないと思われる。どのような要素が復元される必要があるのか,その追究が求められる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
田中正人 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会論文集 
掲載巻ページ:
第2号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)