東日本大震災で被災した地域コミュニティの再生とまちづくり-復元模型を活用した気仙沼市でのワークショップを通して-

1/500,1m四方で復元模型の仕様を統一する目的である被災地の相互理解に関しても、これから明らかにするべき課題が多い。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
槻橋修 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会論文集 
掲載巻ページ:
第2号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)