津波災害の記憶を伝え復興に活かす-東日本大震災とインド洋津波災害の経験より-

三陸沿岸地域では、過去の津波災害の記憶は、津波碑・記録などの資料に記すことにより、現代に伝えられてきたが、時間の経過により、資料が風化・劣化したことや、資料の来歴を伝えるメディアが風化・失われたことにより、記憶が十分に伝わったとはいえない。したがって、東日本大震災の記憶を伝えるためには、風化・劣化に耐え、時空を超えて記憶を伝えるための方策を検討しなければならない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
阪本真由美 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
災害伝承 
場所:
リアス 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第5号(Vol.4 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)