震災遺児への支援の輪 拡大を

あしなが育英会では、震災遺児以外の奨学金を受けている遺児で住居の被害を受けた世帯にも30 万円から50 万円の特別一時金の支給を決定し、この秋から支給をし始める。しかし、その他の経済的支援を必要とする世帯の子どもたちへの支援は、本会の力だけでは無理だ。行政を含めて社会全体が、今後も支援する必要があるだろう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小河光治 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
支援団体 
カテゴリ:
防災体制 子ども・子育て支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第5号(Vol.4 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)