震災遺児への支援の輪 拡大を

東日本大震災で保護者を亡くしてはいないものの、震災以前からひとり親世帯など貧困世帯であり、震災により家屋などの財産を失ったり、原発事故のため避難をせざるを得なくなるなどさらに困窮状況に陥っている家庭の子どもに対しての支援は、必ずしも充実しているとはいえず、いまなお大きな課題といえる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小河光治 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
防災体制 被災者支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第5号(Vol.4 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)