民間賃貸住宅借上げ応急仮設住宅と被災者生活再建支援

広域点在に起因する現状把握困難性などは、困難を伴いつつもある程度の対応は可能であるが、恒久住宅であることや災害救助法による運用から生じる被災自治体の事務負担、被災者側のモラルハザード、転居困難性など制度的要因に起因する問題への対応は今後の大きな課題である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
鳥井静夫 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 地域組織 
カテゴリ:
住宅再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第5号(Vol.4 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)