復興資金:財源と使途を巡って

緊急対応には不要不急の歳出削減や準備費等を財源とし、生活・生業再建や被災地経済振興(短期的効果)には臨時目的税を財源とし、社会インフラの復旧(長期的効果)には建設国債を財源とする

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
豊田利久 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第5号(Vol.4 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)