“選択と集中”の震災復興計画は被災地を救うか~東日本大震災復興政策の枠組みを問う~

日本列島全体の災害可能性を直視するとき、「被災地域=非居住地化=高台移転」という発想は、「命を守る」ことと「住む・暮らす」ことを混同した単純極まりない発想だといわなければならない。確かに地震・津波などの自然災害はこの上なく恐ろしいが、それが日常的に起こるわけではない以上、地震・津波から命を守ることと日常生活の基本である住む・暮らすことは峻別しながら統一することが求められる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
広原盛明 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
居住地移転 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第5号(Vol.4 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)