「仮設住宅」の実態・概念の展開~復興への連繋を考える

仮の生活、その器としての仮の施設を、被災地復興に有機的に連繋させるべく使い回していくこと、何より被災者の生活再建の連続性が担保されることが肝要だろう。そうした保障・後ろ盾がなくては、果敢に復興には取り組めまい。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
大矢根淳 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第4号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)