立法過程への関わり方と復興に向けての基金・財源··

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ということわざがあるが、災害対応というのはそういった性質を持っている所がある。しかしこんなことをいつまでも繰り返すわけにはいかない。東日本大震災を期に、何をどこまで見直してくれるかについて注目をしておかなければならない。今後は、東南海・南海地震と首都直下地震を目の前にしている以上、これは待ったなしの状態にある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎栄一 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
災害対応 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第4号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)