壊滅的な津波被災地の復興と課題―南三陸町の震災復興計画策定過程から―

高台の開発が進展しない限り低地の盛土は困難で、結局数年間は盛土が完了せず、恒久再建はできない。それまでの間、リスク対策を確保した上で、震災復興祈念公園の予定地を活用して、被災市街地での仮設営業の推進が、結果的には復興の迅速化にとっても重要となる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中林一樹 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
リスクマネジメント 
場所:
丘陵住宅地 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第4号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)