壊滅的な津波被災地の復興と課題―南三陸町の震災復興計画策定過程から―

復興の最大の課題は、仮設居住の時期とはいえ、被災地を離れた町民が、再び町に戻ってくるか、戻ってくることができるような復興まちづくりを推進することができるか、である。そのためには、被災者が被災したまちへの想いをどれほど強く持ち続けられるか、という被災者の「復興モチベーション」の強さと、被災者の「地域コミュニティとの絆」および「自治体都の絆」の強さと維持が、不可欠であろう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中林一樹 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 行政 
カテゴリ:
防災体制 コミュニティ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第4号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)