大船渡の復興まちづくり

行政はあらゆる施策を活用し、的確に被災者に伝え、少しでも前進しつつあることを発信すべきである。各種の施策が後手に回ったり、後から被災者に伝えられたりしてチャンスを逸するといったことが起こらないように、きめ細かい注意が必要だ。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
塩崎賢明  
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第4号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)