大船渡の復興まちづくり

今後の復興には相当の長期間を必要とする。復興元年といわれる初期の段階で必要なことはなんだろうか。個々の施策のギャップを埋め、被災者に復興できるという自信、見通しを持ってもらうようにすることではないか。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
塩崎賢明  
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第4号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)