市街地再生・復興まちづくりにおける復興計画の役割

迅速性が求められるものとじっくり計画を煮詰めるべきものをまとめて復興計画に取り込んでいくという今回多くの自治体で取られた手法には課題が残されているように思う。災害復旧事業は迅速に進められるべきであるが、今回の被災地では地盤の沈降などによって面的に冠水地域が形成されるなど、復旧事業そのものにも十分な計画策定や今後の土地利用に関連する配慮が求められたことで時間が必要となったこともこれまでにない要因ではある。そう考えればやはり「ビジョン」をいち早く示すことで、復旧・復興に向けた覚悟が示されることは、住民の共感を得ながら計画を進めるうえでも重要だったのではないだろうか。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
澤田雅浩 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
事業継続計画(BCP) 復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第4号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)