市街地再生・復興まちづくりにおける復興計画の役割

大船渡市三陸町吉浜地区ではこれまでの津波災害の経験から、低地部には住宅を立地させない土地利用を継続しており、浸水自体はそれなりの広がりがあったものの、そのほとんどが農地であり、住宅被害、人的被害が軽微であったという事例がある一方で、強固な防潮堤を築いたにもかかわらず、それを乗り越えてきた津波によって再度大きな被害を受けた宮古市田老地区、海の全く見えない15m の防潮堤で被害を軽微に抑えた普代村など、その対策と被害は様々となったが、やはり防潮堤や土地のかさ上げだけでは被害を防ぐことはできず、むしろ浸水しても人命を失わないためには避難を実施していくという減災対策の重要性も明らかとなった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
澤田雅浩 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
事業継続計画(BCP) 防災訓練 
場所:
沿岸部 農地 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第4号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)