広域避難者の現状と支援に向けて

政府の避難指示区域の内外で支援のスキームが異なり、住民間の支援格差にもつながり、被災者同士の無用な「あつれき」さえ生んでいるのが現状である。どの場所で避難生活をしていても、同じような支援が受けられる仕組みづくりを早急につくる必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
丹波史紀  
フェーズ:
応急復旧期 復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
避難所 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第4号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)