民間のアイデア、資金、技術を導入した「博覧会方式」の復興を-ドイツ・IBA エムシャーパークに学ぶ-

東日本大震災の復興でも、日本でのモデルプロジェクトに関する開発投資、公共事業を東日本の被災地に優先的に集中させるよう取り組み、それを「(仮称)東日本復興博覧会」として位置付けることを提案する。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
紅谷昇平 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)