民間のアイデア、資金、技術を導入した「博覧会方式」の復興を-ドイツ・IBA エムシャーパークに学ぶ-

スマートシティ、環境への配慮、など同じようなアイデアが並べられているが、広域災害であれば、地域ごとの役割分担、個性を生かせるような広域連携や進捗管理が進められるべきである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
紅谷昇平 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
広域連携体制 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)