二重ローンを回避する徳政令保険制度の創設

3.中小の商工業者や農水産業者向け事業信用地震保険(共済)制度の創設
事業信用地震保険(共済)は中小の商工業者・農業者・漁業者の事業用設備資金の二重ローンを回避する制度である。設備資金を借り入れる際に加入を義務付け、今後発生する地震により当該設備が損壊すると、その借入金を損壊の程度より消滅させることにより事業者の苦難軽減と早期の復興を目的とする。融資を行う金融機関や借り入れ保証を行う信用保証協会、農林漁業信用基金協会及びその保険機関と共に国が再保険プールを組成するスキーム(図2)である。国は補助金を交付して再保険プールをサポートする立場となるところが、住宅信用地震保険(共済)スキームとの相違点である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
加藤進弘 
フェーズ:
応急復旧期 復旧復興期 
対象:
住民 行政 
カテゴリ:
地震保険 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)