国際支援の受け入れも想定した危機管理庁の創設を

提案をしたいのが、国内外の災害および緊急事態への対応を一元的に管理する危機管理庁の創設である。災害への対応は、現行のとおり警察や消防等が実施するが、大規模災害のときには危機管理庁が統括を行う。つまり、被害の状況とニーズを把握し、人員や物資といった利用可能なリソースを効率的に調整するのが危機管理庁の役割である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
沖田陽介 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
人的資源 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)