国際支援の受け入れも想定した危機管理庁の創設を

注意したいのが、外務省は災害対応の専門機関ではないということである。要請の発出が外務省となるのは他国でもよくある。国際災害支援は、国境を越えることで必然的に外交の顔を持つからである。しかしどこに何のニーズがあり、国内リソースでどこまで対応が可能で国際支援には何を求めるのか。これを決め発信するのは災害対応の専門機関の役割であるべきだろう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
沖田陽介 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
産業 災害対応 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)