津波被災地アチェの復興経験の活用と世界に向けた発信を

アチェの津波から6 年あまり。アチェの津波の記憶はすでに薄れたものになりつつあった。東日本大震災の津波の記憶も、何もしなければ世界の人々の記憶の中で風化してしまう。次の津波に備え、知識と経験の世界に向けた発信と体系化を通じ、次の被災地における被災者の数を少しでも減らすことができないか。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
沖田陽介 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
木造住宅 情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)