津波被災地アチェの復興経験の活用と世界に向けた発信を

近年巨大津波を襲った被災地の数というのは世界でも限られたものである。アチェまたは東北地方での津波の経験を、その地域だけにとどめておくべきではない。つまり被災の経験を世界に発信し、今後世界のどこかを津波が襲った際に、住民が速やかに避難できるような体制の整備に貢献することが、世界における被災者の数を減らすことにつながるのではないだろうか。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
沖田陽介 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
木造住宅 災害伝承 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)