事業継続マネジメントの観点から

消費税増税可能余地、経常収支の黒字、国債の国内消費割合の高さから、現時点では、日本の財政リスクは低いといわれているが、東日本大震災や放射能汚染に関する復旧・対応・復興の財源のため、将来の負担軽減や大規模災害への備えのためにも、将来計画・展望以上に、今できる経済活性化施策が、必要かつ極めて重要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
吉田 澄弘 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)