教訓は生かされたのか? ~いま、私たちにできることは~

2005 年から政府が積極的に取り組んできた災害時における要援護者支援に関連して、この度の東日本大震災においても、実に献身的に取り組んでいるボランティアがいる。国は、この人たちが地方自治体に一定期間雇用されるよう配慮する。何故ならば、彼ら彼女らの働きのおかげで、要援護者の人たちは確実に救われているからである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
村井雅清 
フェーズ:
応急復旧期 復旧復興期 
対象:
住民 行政 
カテゴリ:
ボランティア 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)