教訓は生かされたのか? ~いま、私たちにできることは~

被災自治体は、戸数には関係なく仮設団地には必ず調理施設付きのコミュニティセンターを設置する。スペースがないならば、仮設住宅の空き部屋を有効活用する(仙台市はすでに有効活用をしている。)。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
村井雅清 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
防災体制 都市計画 応急仮設住宅 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)