教訓は生かされたのか? ~いま、私たちにできることは~

より充実した復興課程での暮らしをサポートするために、仮の住まいである仮設住宅(みなし仮設も含む)での暮らしについて、政府および行政は、積極的にボランティア活動が展開できるような環境を整備する。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
村井雅清 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 行政 
カテゴリ:
災害伝承 都市計画 応急仮設住宅 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)