東日本大震災に関する提言( 2011.4.5 )

避難所には様々な点で、まだ「目が届く」といえる。しかし、居住が可能な家に在宅する被災者には目も手も届いていない状況がある。生活物資も個別にはなかなか届いていない。ことに老老介護、老幼世帯については、見守り体制の早急な確立が必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
黒田 裕子 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
避難所 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)