東日本大震災に関する提言( 2011.4.5 )

要援護者に対する福祉避難所の設置については、2006年「災害時要援護者の避難ガイドライン」が内閣府の検討委員会によりまとめられ、各自治体に福祉避難所の指定が提唱されている。自治体の取り組率は高くなく、今回の被災地においても同様である。更に被害が大きいこともあり、福祉避難所として機能すべき所に一般被災者が多く詰め掛けている状態がある。多発する大災害には、「福祉避難所」の確立を早急に進めるべきである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
黒田 裕子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 行政 
カテゴリ:
防災訓練 福祉避難所 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
登録者の他の教訓(コンテンツ)