大局を見失わない復興を

今回の被災地のそれぞれを見ると、その自然的特徴も社会的特徴も千差万別である。農業中心の地域もあれば漁業中心の地域もある。同じ漁業集落といっても、業種も漁法も違う。だから、一律に議論してはならないのである。小局すなわち個々の現場では、地域に根差して「違いの見える復興」に心がけなければならない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
室崎益輝  
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災計画 漁業 
場所:
沿岸部 農地 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興