大局を見失わない復興を

危機管理の視点からは、一極集中の構造から自律分散の構造に切り替えることが欠かせない。地域文化の視点からは、豊かな自然と文化が息づく国土の再生をはかることが欠かせないであろう。この国土のあるべき姿の検討を通して、初めて被災地をどうするのかの絵を描くことができる。日本の中で東北をもっともっと大切にする絵が描けるはずである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
室崎益輝  
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第3号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興