“津波から命を守るための教訓”の検証~岩手県釜石市を対象とした東日本大震災における津波避難実態調査から~

「これまで経験したことのないような大きな揺れを感じたら、情報に依存せず、とにかく高いところへ避難する」、「普段から避難先となりえる場所を確認しておく」、津波襲来危険地域であれば、いわば当たり前のこの教訓を地域住民全員が実行することができるようにすることが必要と考える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
金井 昌信 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
木造住宅 防災教育 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№11 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)