東日本大震災後の仙台市の病院・診療所に関する支障と情報ニーズについての分析

どこに行けばよいのかわからない被災者が地域の災害拠点病院に集中することは避ける必要がある。そのためにも、単に開いている病院・診療所の情報を伝達するのではなく、症状などに応じて向かうべき適切な病院・診療所がわかるような情報として発信することが重要であると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
地引 泰人 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
企業・学術機関 住民 
カテゴリ:
災害医療 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№11 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)