東日本大震災の津波来襲時における社会的なリアリティの構築過程に関する一考察~NHKの緊急報道を題材とした内容分析~

さらにもっと「ローカリティ」をより重視していれば、たとえば、沖出しを終えた漁師の声をなんらかの手段で短く伝える、あるいは高台に避難し終えた住民の声を短く伝えるなど、個別・具体的な地点ですでに対応行動を終えた人たちがいた事実を伝達しあうことによって、地
域全体で「社会的なリアリティ」を共同構築する道を開くことができた可能性も示唆される。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
近藤 誠司 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
防災体制 情報伝達 
場所:
港湾 丘陵住宅地 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№10 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)