東日本大震災の津波来襲時における社会的なリアリティの構築過程に関する一考察~NHKの緊急報道を題材とした内容分析~

たとえば、近い将来、起きると予想されている東南海・南海地震のような広域災害をイメージした場合には、「東京中心・垂直統合」の構造が、かえって不利に働くことも十分に考えうる。九州・四国・関西・中部・関東などが同時に被災すれば、容易に中枢機能が麻痺する危険性も高まり、どの地点のどの危機を優先して伝えればよいか判断できない事態を招くおそれもある。従来のフォーマットを補完・補強するためにも、「ローカル発・ローカル向け」(もしくは、ブロック圏発・ブロック圏向け)のメディアに、適宜、主導権を渡すことができる地域自律型の仕組みも充実化しておき、ローカリティ豊かな危機感を形成できるような「新たなフォーマット」をも準備しておいたほうが、全体のリスクを低減することにつながるのではなかろうか。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
近藤 誠司 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 行政 
カテゴリ:
災害対応 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№10 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)