子どもたちを守った「姿勢の防災教育」~大津波から生き抜いた釜石の児童・生徒の主体的行動に学ぶ~

最善を尽くした結果として命が守られる。避難所整備をはじめとする避難計画の検討と合わせて、国民一人ひとりが与えられた想定にとらわれることなく、その状況下で最善を尽くすこと、すなわち自らの命を守ることに主体的な姿勢をもつこと、そして、そのような姿勢を醸
成する防災教育等の取り組みを実施していくことが、これから求められる「災害から命を守るための防災」として重要なことであると考える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
片田 敏孝 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
木造住宅 防災訓練 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№10 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)