東日本大震災とソーシャルメディア

首都圏をはじめとする大都市圈では、ソーシャルメディアを使っている人は多いのであり、これがつかえる場合のことを踏まえて次の災害における慘報伝達、また情報面での混乱を考えておく必要があろう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
関谷 直也 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
情報収集 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№10 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)