災害報道におけるマスメディアの役割と課題~東日本大震災を取材して~

情報を受け取る住民には、気象庁の津波警報や津波の予測、それに津波のハザードマップは一つのケースをシミュレーションした結果で、あくまで一つの目安だということをわかってもらわなくてはいけない。つまりは、住民には情報を咀嚼しながら利用することを知っておいてもらわなくてはいけない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 登 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
ハザードマップ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№10 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)