災害報道におけるマスメディアの役割と課題~東日本大震災を取材して~

メディアは気象庁による津波警報の変更を伝えるのは当然だが、津波予測の仕組みや限界についても、日頃から丁寧に伝えていく必要がある。多くの自治体や住民が津波警報に大きな期待と信頼を寄せているが、過度な期待や信頼は避難態勢の確立を阻害しかねない。
津波予測には幅があることや過去の地震では、津波警報の発表が実際の津波に間に合わなかったことがあったことなども伝えておかなくてはいけない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 登 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
木造住宅 防災教育 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№10 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)