災害報道におけるマスメディアの役割と課題~東日本大震災を取材して~

東日本大震災後、東日本を中心に地震の発生回数が増え、多くの人が不安感を抱いていることから、地震や津波について様々な、中には不正確な情報や予測が流されている。そうした情報を峻別し、『正しく恐れ』て『正しく備える』ことの重要性と、その具体的な方法を伝えることで、多くの人の防災意識を高め、社会の不断の備えを進め、高めることができると思う。それこそが、マスメディアの災害報道における責務だ。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 登 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
防災教育 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№10 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)